固定ギアで通勤、MTBでポタリング、ロードでハーハーゼーゼーがんばってます。ダンディー&セクシー&クールを目指す!・・・が、根がスケベでお調子者なのでなかなか・・・・・・明日からがんばります!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺には絶対登れない峠。
土曜日、朝起きると物凄くいい天気です。
こんな日は、自転車に乗らなきゃ・・・
別に行くあても無いので適当に100km位と思って、
Bianchi Pistaで出かけました。
20070528131038.jpg

いつも走ってる多摩川CRでは何の変哲も無いので、
多摩川の途中から分岐する浅川のサイクリングロードで
走って武蔵五日市まで出れば約100kmということで、 
久しぶりに浅川沿いを走ってきました。

浅川沿いのサイクリングロードと
多摩川CRの違いは・・・・・・
走るサイクリストの数がメチャクチャ少ない
道も狭いし、歩いている人自体少ない。

だから、すれ違うサイクリストは、
頭を下げて挨拶する人が多いんだよ。
多摩川CRじゃサイクリストが多いから、
いちいち頭下げて挨拶なんてしないもんね。
そんなことしてたらほぼキツツキ状態で、
首が痛くてたまんね~ことになる。。。

道が狭いのでスピードは出せないが、
ポタリングするにはちょうどいい。
しかし、何回も橋を渡って川の右側、左側と進んで、
車道も少し走るので、初めての人は迷うかも・・・・

俺も浅川の終点まで走ったこと無いので、
今日は終点までと思って走っていくと、
高尾駅まで続いてた。ここがたぶん終点か・・・

ここまではよかった。
ここから武蔵五日市に向けて車道を走る。
地図も持たずに出てきたから、
どう走っていいものやら・・・・
ケータイで地図を調べてみると、
ルート検索できるようになってて便利。
比較的分かり易いルートを表示してくれた。

コンビニでちょこっと休んで、
武蔵五日市に向かって出発!

しかし、緩やかではあるが坂道が続く。。。
ロードならこんな坂どうってこと無いが、
今日はピスト。。。

こりゃ、失敗したな~
結構つらいぞ。。。
初めて走る道だから
どこまで坂が続いてるのかも分からず、

あ~、もうダメだ!

もう引き返そうか。。。


と思ってるうちに頂上へ到達。

さあ、これから下りだ!
が、ピストの下りは登りより怖い!
脚がブンブン回されて・・・・
脚がクランクの回転についていけない。。。
スピード出てるとバックは踏めない。
ブレーキ握りっぱなし!

何とか無事に秋川街道に出る。
ここから小峰峠まではあと少し。
緩やかな坂を登って、
新小峰トンネル旧小峰トンネルの分岐点まで到達。
20070528132338.jpg

右に行くと小峰峠旧小峰トンネルが待ち受ける。




しか~し・・・・

峠は好きな俺だが、この峠は登れない!!

距離にして1.5km位
頂上まで600mしかない。
20070528132733.jpg

そんなちっちゃな峠、何故登れないか?

短いわりに激坂?

落石が多い?

熊が出る?


いえいえ・・・どれもハズレ!!


ここは有名な・・・・・・
























20070528133241.jpg



この峠にある旧小峰トンネルに出るらしいんです。
女の子の霊が。。。。。。

いまはもう出なくなったということも聞いた事あるけど、
小心者の俺には登れません。 

心霊スポットと知って一度だけトンネルに行った事あります。
もちろん一人で無く、友人と二人で。
地元の人もほとんど通らないであろうこの道は、
木の枝や石やら落ちてて荒れていた。
頂上にある旧小峰トンネル・・・・・
短いトンネルではあるけど、
照明もついてて真っ暗じゃない。
しかし、その事情を知っていると何か不気味に見える。
当然、トンネルの中は猛ダッシュで駆け抜けたが・・・
ハートレートモニターは異常な数値を出してた。


興味本位で行くと霊を連れて来てしまうかも。。。 


一応、通れないように柵はしてあるけど、
横から入れる。
20070528133807.jpg

もちろんここから先は怖くて行けないので、
手前にあるカーブミラーで自分をパチリ。
20070528134400.jpg

新小峰トンネルを通って武蔵五日市へと向かう。
20070528134530.jpg
 
武蔵五日市駅に到着。
20070528134644.jpg
 
駅の目の前にあるサイクリスト御用達の
「やまねこ亭」でお茶をして休憩。
20070528134754.jpg

ここのオーナーはアウトドアの達人で、
オーナーが書いた著書もある。
店の中には漫画「シャカリキ」もあり、
ここへ来ると必ず読んでる。


休憩した後、帰路につくが、
幹線道路を避けて、裏道を通る。
五日市街道の脇を走る道は、
自動車もそれほど走らず、
適度なアップダウンで気持ちイイ。
20070528134934.jpg

ほぼ秋川沿いを走れて福生で多摩川CRに合流。
気付くと、サイコンをリセットしてなくて、
結局何キロ走ってんのか分からず。。。
たぶん100kmくらいだろう。

自転車であっちこっち走ってると、
いわくつきの場所もあったりするわけで、
特にトンネルなんかは薄暗いから、 
いろいろな話が出てくる。

まあ、興味本位で行ったりしないことだな。

見えないものが付いて来ても困るし・・・ 





無事、家に着いて今日のポタリング終わり。 











俺  「ただいま~」


女房 「おかえり~
    
     あらっ、その女の子誰?






俺  「 えっ!!!!  









もしかしたら・・・・・
連れて行かれますよ。。。。。




















20070528135912.jpg
 



おしまい



ブログランキングに参加中!
最後の「その女の子、誰?」っていうのは脚本しちゃいました。 
霊を連れて来てしまうことはあるみたいで・・・・俺は無いけど。
ヤバイ所へは興味本位で行かぬように。。。
にほんブログ村 自転車ブログへ banner2.gif
   ポチッ!       ポチッ!      ポチッ!   とお願いします。
スポンサーサイト
気が引けるマッサージ。。。
最近、疲れがたまってます。 

腰と肩がかなりこっている。 

GWに遊びすぎたツケが今頃出てきているのか・・・ 
体もだるくて朝、起きるのも大変です。

そんな時はマッサージが一番!
俺の行きつけのマッサージ屋はなんとタダでやってくれます。 
なかなかマッサージもうまく、気持ちよいツボも心得ていて、
思わず眠りこけてしまいます。

しかし、タダだからといって毎日は行けません。
やっぱり気が引けて・・・・毎日はマズイと思うからね。 

そのマッサージ屋の名前は・・・・・・・








20070524213749.jpg
 

あれっ、何か間違ってます?
いえいえ間違ってません。
ここにいるマッサージ師が超うまいんですよ。
その方は・・・・・・










20070524213728.jpg
 
定価はたしか39万円ほどしたかな。。。。







たっけ~~!買えません!


買えませんので俺専用にはなりません。
39万円もあればカーボンバイクも買える!
金があれば自転車の方に使っちゃう。

だから毎日は行けません。
気が引けるでしょ?
店員の目を気にしながらマッサージしてるから・・・・






あっ!アイツ、また来てるよ~!
なんて店員に顔を覚えられてんのかもしれないが、
まあ、まだ注意されてないし・・・・・

女房と一緒にマッサージチェアの取り合いしてる。
このファミリーのマッサージチェアが一番気持ちイイ。
いろんなチェアを試してるので、
我々夫婦はマッサージチェアに関しては





















うるさい!



我ながらセコイ夫婦と思うけれども・・・


店員が近づいてくると、
「これいいね~、これ買うかどうか検討するか?」
なんてカタログ見ながら考えるフリ・・・・
そんな手が何回通用するのか????

たまには帽子をかぶって行ったりして・・・
バレバレなんだよ・・たぶん。 

いずれ店員に注意されるかもね、
買わないんだったらご遠慮願います・・・って

自転車のって腰とか肩とか疲れたときに、
このマッサージチェアに座ると、

本当に生き返る

かなり気持ちイイ~

あ~もうやめられない・・・・けど買えない。。。。

 
このままず~っと寝ていたい。。。
20070524213824.jpg
 





店員に注意されたとしても、
ほとぼりが冷めればまた行くかも。。。 


店員  「あ~?、またあなたですか!

     この前注意したのに、

       少しもこりないんですね!(怒)」 
 




























  「いいえ、だいぶこってます。」







いかん、またすべった!

まっいいや。

おしまい




ブログランキングに参加中!
自転車に乗った後のマッサージチェアって極楽です。
お近くのベスト電器へ急げ!
にほんブログ村 自転車ブログへ banner2.gif
   ポチッ!       ポチッ!      ポチッ!   とお願いします。
のんびり横浜へ・・・
最近、体がだるくて肩の筋も痛い。
昨日徹夜での仕事でかなり疲れている。

朝起きたら、もうすでに11時を回ってる。
よく寝たが、まだ眠いし肩の筋もコリコリ・・・

しかし、よく晴れたこんな日曜日は、
自転車に乗らないともったいない。

ご飯食べて、布団干して、掃除をして・・・・
なんだかんだしてるともう13時回ってるじゃん。

こんな時間だから遠くには行けないので、 
横浜辺りへポタリングして来ようと思い、
自転車のタイヤに空気を入れて・・・・


さあ、出かけるぞ!


女房  「あっ!ちょっと待った!」

俺   「えっ、何?」

女房  「荷物忘れてるよ・・・これ。」

俺   「・・・・・・・・」 

20070521150618.jpg
 
俺が自転車で出かけるときの、 
お決まりの荷物・・・・ゴミ袋
我が家のゴミ出し係です。 

ちゃんとゴミを分別して出して・・・

さあ、出発~!
20070521151155.jpg
  


が、すぐさまUターン

俺の影武者3人引き連れて・・・
20070521151818.jpg
 


女房 「何?どうした?」

俺  「ヒゲ剃るの忘れてた。」

女房 「いいじゃん別に・・・
        自転車なんだから誰も見ないよ。」


俺  「お洒落な横浜だよ~、
     綺麗なお姉さんに声掛けられるかもしれないし・・・」


女房 「万が一にも・・・あり得ない!」  

俺  「意外とモテるんだぞ、俺。」

女房 「持てるのは、私の荷物ゴミ袋くらいよ」  

そんな事を言う女房を放置プレイして・・・

さっさと出かけよう。

自転車で横浜に行くのは初めてだが、道順は簡単。
幹線道路を走ると、一箇所だけ右折すればいいだけ。

国道15号線を走っていると、
赤いクロスバイクに闘いを挑まれた。 
さっき信号のところで抜いたクロスバイクだ。 
ヘルメットに指切りグローブでフラットペダルの
メタボリックな体型のオジサン。
たぶん俺よりは若そう。

何気に信号で抜いたんだけど、
猛烈な勢いで追いついて来て、抜き返された。
町並みを見ながら走っていたもんで、 
猛烈なスピードで、しかも俺の横ギリギリを、
抜いていくもんだから、ビックリするじゃね~か。

彼の後をゆっくり走って行くが、 
信号で止まるたびに後ろを振り返る。 
俺が近づくとスピードを上げて離そうとしてる。
また信号で止まると、振り返る。 

別に競争してるわけじゃないんだから・・・・
走る方面が一緒なので、
横浜までず~っとその繰り返し・・・・・






いちいち振り返るなよ。。。。

うざいよ・・・・おまえ!


途中、赤レンガ倉庫に向かうため、
道を左折して、うざいのとお別れだ。

赤レンガ倉庫に到着。
20070521154219.jpg   20070521154330.jpg   20070521154426.jpg   20070521154532.jpg

赤レンガ倉庫前で誰も居ないところを狙って、
写真を撮りたかったので40分も待機した。

ベロタクシーなるものも始めて見た。
ハイカラなおじいさんと、おばあさんが乗ってました。
20070521154701.jpg


赤レンガ倉庫前では、ヒストリックカーの展示が開催され、
いかにも高そうな車ばかりでした。 
20070521154816.jpg 20070521154908.jpg

そこで目に付いた黒いスポーツカー。
どこのメーカーでなんていう車種か分からないが、
こんなカッコいい車に乗ってみたいもんだ。
20070521155037.jpg
 
当然、助手席には若くて美人で、
巨乳でミニスカートでなくてはいけない。
間違っても、女房ではいけない。

しかも、ミニスカートの中は、 

    赤いTバック 

別に白でも黒でもスケスケでもいいが・・・
間違っても、ヘソまで隠れるパンツはいけない。

車から降りる時にドアを開け、
出した長い足から赤い情熱のパンツがチラッと見える。

これがたまらん。


男は皆・・・・たまらん




横浜でひとしきり妄想していると、 
すでに時間は4時を回ってる。

女性といっしょならもうちょっと
暗くなるまでデートでも・・・・・
いや暗くなってからが、頑張るところなんだが、
べつに一人で来てるし、回りはカップルばっかりだし、
とっとと帰ろうという事で、
写真を2,3枚とって帰路に。。。
20070521155525.jpg 20070521155619.jpg

横浜といえばランドマークタワー。
このホテルの上のほうに宿泊したことある。
お袋と二人で・・・・(悲)


多摩川に着くと、

めちゃくちゃ向かい風!

グラウンドから土埃が大量に舞っている。

ゲホッ、ゴホッ!凄すぎ。
漕いでも漕いでも前に進まない。

疲れたのでベンチで休憩。
猫と一緒に休憩中。
20070521160032.jpg 20070521160136.jpg


女房に電話を入れ、これから帰る事伝えると・・・
手ぶらで帰ってくるなとのこと。
 「何かお土産買って帰れ」の指令が飛ぶ!

仕方なく二子玉川の高島屋へ寄る。
駐輪場に自転車止めて、地下駐車場を通って、 
和菓子屋さんへ寄るも、お目当ての「醤油ロールケーキ」は
本日完売の札が・・・・・

適当にお菓子を買って駐車場を横切るが、
この高島屋の地下駐車場は高級車がずらり・・・
ベンツ・BMWは当たり前、時々ポルシェ・ボルボ・ジャガー。。。

ここへ来る奴は国産車に乗ってないのか?
と思うくらい高級車ばかり・・・・
あっ、あった、あった国産車。
セルシオにシーマ・・・・国産といえども高級車。。。
運転しているのは女性が目立つ。

ニコタマダムか?・・・あんたら?

なんか綺麗な人が多いような気がする・・・
気がするだけだが・・・・

 「うちには車が3台ございまして、

   お買い物用はこのベンツですのよ・・・

             お~ほっほっほっ!」 
 

そんな会話が聞こえてきそう。。。
俺んちは女房の自転車も含めて4台あるが、
ちと次元が違いすぎ・・・・


ニコタマダムの御用達の高島屋を後にして、
無事、家に到着。 

うちの女房の顔をみるとニコタマダムには・・・
(これ以上書けません・・・晩飯抜きになります) 





















うちのマダムの御用達は・・・・





イトーヨーカ堂。。。










うちには自転車が4台もありますのよ

     お~ほっほっほっ!



いいじゃないかっ!


おしまい



ブログランキングに参加中!
長文お付き合いありがとうです。ちょっと長すぎた?
読むほうも大変でしょうが、書くほうも大変でした。
にほんブログ村 自転車ブログへ banner2.gif
   ポチッ!       ポチッ!      ポチッ!   とお願いします。
もっと怖いものがあった!!!
昨日の日記で、自転車で走ってて怖いものを
書いたが、もっと怖いものがあった。
まだ経験した事無いが・・・・

いや・・

絶対に経験したくないことだ。









それは、事故だよ。 

そんなの当たり前だと思うだろう。
怪我するが怖いのは当然のこと。
場合によっては死に至ることもあり得る。

それは怖い!

しかし、俺が思っている怖い事は、 





事故の加害者になること。 

昨日yahooのニュースを見ていたら、
こんな事故が載ってた。

『15日午後8時10分ごろ、大阪市東淀川区豊里の市道で、同区の市立中学2年の男子生徒(14)運転の自転車と、近くの運送会社事務員の女性(71)運転の自転車が衝突。女性は転倒して頭を強く打ち、約10時間後に死亡した。

 東淀川署の調べでは、2人は、ともに無灯火で、男子生徒が車道を斜めに横断中、女性に気付くのが遅れたという。同署は重過失致死の疑いで男子生徒から事情を聴いている。現場は片側1車線の見通しのよい直線道路。』
 

この中学生はどうなるの?
お互いに無灯火だったらしいが、
まさか自転車の衝突で相手が死亡するなんて
思いもしなかっただろう。
故意の事故ではなかったであろうに・・・
ライトを点けてさえいれば回避出来たかもしれないのに・・・

未成年だから相手への賠償は親がするんだよ。
もし、損害保険に入ってなかったら・・・・
生命保険には入ってても、
損害保険には入ってない可能性は高い。

こんな自転車の事故はよく聞くけども、
あらためて事故の怖さを感じた。

万が一加害者になったら・・・・・

そう思うとぞっとする。 

〇主婦の自転車と接触。主婦は転倒して頭部打撲で死亡。
     賠償金 2,650万円
〇無灯火で走行中に高齢者と接触。高齢者は転倒して死亡。
     賠償金 1,950万円
〇下り坂を走行中に高齢者と接触。高齢者は転倒して死亡。
     賠償金 1,054万円
〇バス待ちの高齢者に衝突。高齢者は手首を骨折。
     賠償金 736万円
〇携帯電話の画面に気を取られ歩行者に衝突。
 歩行者は歩行困難な後遺障害。
     賠償金 5,000万円
(社団法人日本損害保険協会「損害保険のはなし」などより) 


こんな賠償金払えません

うちにはそんなお金ありません
 
あったらとっくに100万位するカーボンバイク買ってます。

こちらがルールを守って走っていても、
対歩行者ならこちら側が強者になるから、
責任を問われることになるよね。

サイクリストの多くが保険に入ってないんじゃないだろうか?


そんな事言ってる俺は・・・・



















入ってない!

だめじゃん!


一応、ゼネラリ保険から資料を取り寄せたんだけどね。 
そのままになってしまってる。
3年間、18,000円で死亡・後遺症5,000万円、
第三者賠償責任1億円の保証。
3年で18,000円なら安いもんだYO。

車に乗れば自動車保険に入る。
入ってなかったら怖くて車運転できないのと同じで、
自転車もしょっちゅう乗ってんだから、
保険に入っとかないと危ないね。

もし、加害者になったら、
もう自転車は楽しめないかも・・・・




















「まさかの坂は突然来る!」





人生が転げ落ちないようにしとかないとね。 





さっさと保険入っとこ!

(私は、保険屋の回し者ではありません。念のため・・・) 



おしまい。



ブログランキングに参加中!
どんなに注意してても事故は起こる。
被害者でも加害者でも悲しむのは家族だ。
にほんブログ村 自転車ブログへ banner2.gif
   ポチッ!       ポチッ!      ポチッ!   とお願いします。

自転車で走ってて怖いものは・・・
最近、自転車で走ってて怖い事がある。
自転車通勤してるとほぼ100%車道を走るが、
路駐してる車も多く右側をすり抜けるときに
大型トラックに挟まれたりすると怖かったりする。

この間は停車しているバスの右側をすり抜けてるときに、
大型トラックが来て、バスとトラックに挟まれた。
ものの3秒位だったけど・・・・
トラックがギリギリのところを走るので、  
こちらとしてはビビッた。
車体もデカイがエンジン音もデカイ!   

思わず「うぉ~」って唸ったよ。  

車道走ってればこんな事もあるだろう。
事故に巻き込まれなければいいんだけど・・・

これはこれで怖いけど、
俺がもっと怖いと思ってるのは・・・・・



砂利なんだよ。 


砂利は怖い。
20070516145243.jpg

多摩川CR走ってて、砂利道で前輪が滑ってコケた
それもいきなりコケたので、足着く暇もないまま、
肩から地面に叩きつけられたような格好で・・・・ 

あっ! と思った瞬間、自転車と添い寝してた。
おかげでペダルとリアディレーラーが傷だらけ。
ブレーキもひん曲がってたし・・・・
フレームは無事だったのが不幸中の幸い。

自転車乗りは自分の怪我より、
自転車の傷のほうが気になる。
自転車の具合を確かめてから、
脚に怪我してる事に気がついたりして・・・

砂利道で思いっきりコケたことが、
トラウマとなっているようで怖い。
カーブするところにある砂利が特に怖い。 
またコケル~と思ってしまうんだなぁ。。。


それと・・・・雀! 
20070516145356.jpg

なんで可愛い雀が怖いかって・・・・

それは最近、多摩川CRを走っていた時のこと・・・

白いBianchiで時速20km位で走ってたとき、
草むらからいきなり雀が飛び出し、
高速回転するホイールに激突!!

最初は黒っぽいものが飛び出したと思ったが、
ホイールにぶつかる瞬間、雀だと分かった。

うわぁっ!
って思わず、大声で叫んでしまった。
後ろを振り返ると、そこには両羽を広げたまま、
ピクリとも動かない雀が・・・・逝っていた。

この間も鋸山にヒルクライムした帰り道、
多摩川CRで普通に走ってると、
直進する俺の自転車めがけて雀が飛んできた。
何を思ったのか、前輪の下に潜り込んできたんだ。
避ける間もなくそのまま轢いてしまった。
ボゴッて乗り上げる感触が伝わった。









うっそ~、まじ!?


そ、そんなことってあり得んの!?


自転車の前輪めがけて突っ込んでくるなんて事が・・・
たった23mm幅しかないタイヤに潜り込むなんて事が・・・
たぶん虫を追っていたんだろうと思けど、
予想もしない事態に驚いた!

自転車含めて80kgはあるから、
雀じゃひとたまりもない!
振り返ればやっぱり・・・・・

そのままにしておけなくて、
道の片隅に置いて、

成仏してくれよ、俺を恨むなよ」と・・・

最近、雀が超~怖い!





後はも怖い。 

多摩川CRはこれから虫がいっぱい出てくる。
ハ~ハ~言って走ってると必ず、
小さい虫が口の中に入ってくる。
そのたびに
ぺっ!、ぺっ! だよ。

まあ、小さい虫はもう慣れたけども、
時たまデカイ虫が飛んできて、
顔面直撃する時がある。 
痛いんだよこれが・・・・
サングラスしてるから目に入ることはないが、
ホッペやアゴに直撃したりする。 

ある時に目の前から大きい虫が飛んでくるのが分かった。
咄嗟に、頭を下げて避けようとしたが、
見事にヘルメットに激突
ヘルメットだから痛くはないが・・・・ 

そのまましばらく走行していると、
ヘルメットの中で何かがモゾモゾ。。。 

げっ!さっき激突した虫だ・・・・・
ヘルメットのエアーインテークから入り込んでる。

気持ち悪くて、すぐさま自転車を止め、
頭から虫を払い落とすと・・・・・

何と・・・・





















スズメバチ!!
suzumebachi.jpg
 
ギョッ!(◎-◎;)


こんなんに頭刺されたら、
バカなおつむが更にバカに。。。。

スズメバチに刺されて死ぬ人もいるっちゅうのに。。。 
びっくりだよ、でもよかったよ、
これ以上バカにならなくて・・・・















エアーインテークに網でも張ろうかな・・・












 



刺されなくてもすでに おバカ なんですけどね・・・・



              何か?  



おしまい


ブログランキングに参加中!
「いつまで遊んでんだ!!」と女房からの携帯電話が一番怖かったりする。。。
にほんブログ村 自転車ブログへ banner2.gif
   ポチッ!       ポチッ!      ポチッ!   とお願いします。
ヒルクライムは人生と同じ・・・か?
土曜日に鋸山へヒルクライムして、
やっとの思いで頂上までたどり着いたが、
峠へのヒルクライムも人生と同じかなと思った。
 
4回目にして頂上へ到達したが、
今までの3回は、どれもほぼ同じ場所で、
足を着き、諦めてUターンして帰っていた。
それでも、3回ともかなりの距離を
登っていたんだろうと思っていたが、
何のことはない、三分の一しか登ってなかったんだな。 

今回、いつも止まっていた場所を過ぎてもまだ、 
体力がありエッチラオッチラと登って、
二分の一位まで来た時に、何故かペダリングが軽くなった。
単に傾斜が緩やかになっただけなんだろうけど、
気持ち的には、何かが「頑張れ!もう一息だ」
後ろから押されているような感じがした。 

走り込んでるサイクリストや、若い人たちは、
こんな坂、登れて当然だ!と思うかもしれないが、
40も半ばのオッサンが諦めずに必死こいて、
登ってる姿を見て、何かが後押ししてくれたのか?

いままでの三分の一が最も苦しくてツライ所だったが、
そこを過ぎると、決して楽とはいえないけれど、
それでもなんとか頑張ってみようって気持ちの方が強くなり、
遥か遠くに見えるガードレールへ向けて漕ぎ続けられた。

で、到達した時の達成感がサイコー!

やればできるじゃん・・・・俺!

ってなもんで・・・・
今までの辛さが嘘のように消えてる。

人生つらい事もあるけれど、目標持ってくじけずに
頑張れば必ず報われるのと同じか。

三分の一が一番辛い所だが、
それをクリアできたら
後はうまく行く。
必死こいて頑張ってれば、
何かが後押ししてくれるもんさ。

次は、鋸山のタイムアップを図ろうか?
それとももっと険しい峠に行くか?
新たに目標決めて、またがんばろう。


あっ!

その前に仕事頑張れよ!!










GWから天気が良くてすっかり日焼けした。
腕も脚も皮がむけてきた。もうボロボロ・・・

アチコチ走ってきて脚も締まってきたかな~

日焼けして精悍になったかな~

靴下脱いでも、履いてるみたいに色が違うな~


などと、鏡に映った自分の足をパチリ
筋肉が出るようにと爪先立って写真を撮ってみた。
20070514211924.jpg
 

おおっ~、あぅ、あぅ・・・汗・汗・汗・痛・痛・痛・・・






















つッ 攣った・・・・脚攣った・・・・


イッ、痛って~~~~~!!


足攣ってちょちょぎれ・・・・  




おしまい




ブログランキングに参加中!
足攣って痙攣してちょ~いてぇ~(涙) まだまだ・・・ヘタレだ!
にほんブログ村 自転車ブログへ banner2.gif
   ポチッ!       ポチッ!      ポチッ!   とお願いします。
リベンジ!!
5月12日、今日は再び峠に行ってきた。
先週行こうとして、祭りで通れなかった鋸山
峠というよりも、山道、林道だよ。   
 

ロードバイク(トマジーニ)を手に入れて
初めて登ったのがこの鋸山
いや、実際は登りきっていない。 
体力も無いし、ロードバイク初心者だし、
3回挑戦して一度も頂上まで行ったことがない。
途中で足を着くと「負け」としてUターンして戻るのだ。
ちょっと休んでまた登るなんてしない。
足を着いたら、清く負けを認め、さっさと引き返すのみだ。
自転車を押してまで歩きたくないのだ。

「一度も足を着かずに

       頂上まで登る」


これが自分に課したなのだ。 

4回目の今日、五日市側から鋸山へ挑戦。 
まず鋸山林道への入り口
20070513123809.jpg
 
ここから徐々に林道らしくなってくる。 
しばらく走ると東京の天然記念物である
神戸岩(かのといわ)
Nec_0130.jpg

100mはあろうかという大きな岩だ。 
それを過ぎるとすぐに
神戸遂道(かのとついどう)
Nec_0134.jpg

このトンネルが超怖い!

20~30m位の短いトンネルだが、
真っ暗で全く前が見えないのだ。
人がいても見えない!
見えないと思ってて突然人影が見えると余計怖かったりする。
一度、急に人が現れて心臓が破裂しそうになった。←小心者
このトンネルの前にいる子供二人は、 
真っ暗なトンネルが怖くて、中に入れないでいる。
俺が、自転車で入って行くと二人とも全力ダッシュで、
俺の後を走って付いて来たよ。なんか可愛い。

このトンネルを抜けてひたすら急坂を登る、登る
車一台がやっと通れるほどの狭い道だ。 
この細い道が頂上まで続くんだ。
おまけにガタガタで余計に疲れる道だ。
うっそうと茂る木々の中を走るのだが、
今にもさんが出てきそうな感じ。 
NEC_01351.jpg

もし、目の前に出てきたらすぐにUターン猛ダッシュだ。
だが、後から出てきたら熊さんの昼飯になる。
俺なんか脂肪が多くて不味いぞ、臭いぞ、食べないでね。
なんておバカなこと考えて走らないとつまらないのだ、この坂。

何度カーブを曲がっただろう。

あと何キロあるんだよ!

もう、いい加減にしろよ!

一人で走ってるとモチベーション下がる。
登ってんのに下がる一方・・・・・



おっ!視界が開けてきたぞ。









げっ!まだあんなところに

      ガードレールが・・・


Nec_0137.jpg

あ”~、もう勘弁してくださいよ~(泣)

しかし、こんなとこで弱音を吐いたら男がすたる。
今日は4回目の挑戦、そろそろ制覇せねば・・・

今日こそは「やる」と決めたんだ。
やる」と決めたら「行く」しかあるまい!! 
ヤル時はどんな女でもイクのが男ってもんだ。
なんでもいいのか?・・・いや、その時の気分次第で・・・
そんなことはどうでもいい!
とにかくがんばって頂上まで登り切れ!










うりゃ~!ダンシング!

あ、ダメ、脚が・・・痛い・・・
心臓も喉まで出てきてます。






はぁ~、はぁ~、

ぜぇ~、ぜぇ~、

ゲホッ、ゲホッ・・・


あ~、もう少しだろ・・・たぶん。
あのカーブを曲がればもう頂上のはず・・・

よしっ!もう終わりだっ!やったぞ!


と思ったらまだ続いてるし・・・・(涙)
Nec_0140.jpg


最後の最後まで我慢、我慢。 
我慢すればするほど気持ちいいんだYO!
さあ、我慢して行け!行け!イケ~ッ!







あぁ~っ、おぉ~っ、うぅ~っ!

あ”~、い、イク~!!!!

イッた~!




とうとうイッた!頂上だ!

Nec_0146.jpg 20070513125106.jpg

Nec_0145.jpg

頂点まで達したこの快感、たまらなく気持ちいい~ 
はふぅ~
出すものは全て出した。  
一滴残らず出した。
脚も腰も疲れ切ったが、なんともすっきりしたイイ気分だ。
このまま裸で寝ていたい・・・・なんで裸なんだ?

全ての力を出し切ったこの心地よい感じは、
昇天」したということなのか!? 
なるほど、そうかもしれないな。

ヒルクライマー達は、
頂点まで達した時の、あの気持ちよさを求めて、
シコシコ、するのだな。 









ペダリングの事だが・・・・何か?

とうとう、鋸山を制覇した。
脚は疲れたがイイ気持ちだった。
また、がんばって気持ちよくなりたい。
Nec_0149.jpg Nec_0150.jpg Nec_0153.jpg
 



しかし、この頂上、
苦労して登ったのはいいが・・・・


























トイレしかない!!!
c2.jpg
 




もう、ボトルが空なのに・・・






リベンジ成功だ!





「登れない坂は無い!」



おしまい



ブログランキングに参加中!
自転車にはまって2年間でだいぶ体力できました。
体重と貯金はだいぶ減りました・・・
にほんブログ村 自転車ブログへ banner2.gif
   ポチッ!       ポチッ!      ポチッ!   とお願いします。


土日はどこ行こか?
楽しかったGWも終わり、
仕事が始まると思うと気が重かったが、
もう金曜日だ。一週間早かったなあ。

GWに自転車三昧しても、また乗りたい。
土日はどこへ行こうかと仕事中に考えてたりする。

この間行こうとして、通れなかった鋸山へ
リベンジしに行くか、横浜辺りにポタリングするか。
 
自転車にはまってから、山ばかりに行ってるので、
海に行くのもいいか?  
天気もよさそうだし・・・

じゃあ、土曜日は山へ行って、日曜日は海だ。
みなとみらい、赤レンガ倉庫とか行ってみるか。
自転車に乗ってヨコハマで海の似合う男になろうか!

海の似合う男ってどんなんだろう。 

ちょっと考えてみた。

おっ!そうだ!

この人は海が似合うな!
20070511141723.jpg

加山雄三か。。。(古っ!)

クルーザー持ってるし、この日焼けした顔がいいね。
今はいいおっちゃんになっちゃったけど、
昔は相当カッコよかったんだ(たぶん)

よしっ、加山雄三になるぞ・・・・・



いやいや待てよ、
俺が、加山雄三のような若大将になれるわけないな・・・
若大将というには、ちと歳を取りすぎちゃってるし、
第一、 俺の性格からして若大将というよりも
こっちの方が合ってそうなきがするなぁ~







20070511142002.jpg
 

フッ・・・青大将か。。。 

田中邦衛かよ! 

やっぱヨコハマ行くの止めようかな・・・

いやいや、待て待て!
もう一人、海の似合ってる男がいるじゃないか!





20070511142528.jpg   20070511142642.jpg


裕次郎だよ!!

慎太郎じゃね~ぞ!
良純でもね~ぞ!(顔が濃すぎ!)

石原 裕次郎だよ!!

「狂った果実」は美味しいのか?
「腐った果実」は下痢ピーになるにょ!

若いときも人気あったが、歳とっても人気があった。
渋い男の代名詞のような人だったな。


よし、横浜行って裕次郎になりきろう。 

自転車に乗った裕次郎!


なんかしょぼい。。。

まっ、いいか。





俺  「裕次郎さん、俺はアンタみたいに、
    渋いダンディーな男になりたいんだ!」



裕次郎  「頑張れば、俺のようになれるさ。
              ヨコハマで待ってるぜ!」
 
 



























20070511143803.jpg
 

お前じゃね~よっ!!



おしまい




ブログランキングに参加中!
若大将とか青大将とか言っても、若い人は知らないんだろうな。。。
にほんブログ村 自転車ブログへ banner2.gif
   ポチッ!       ポチッ!      ポチッ!   とお願いします。
チェ・ジウのお店へ
GWに久しぶりにまともに走って、
少々疲れ気味で家でボケーっとしてると、
女房がスケッチに行きたいから一日くらい
付き合えというのでポタリングがてらに
多摩川へ出かけました。 

今日は、子供の日ということもあって、
子ども連れの親子がいっぱいです。
鯉のぼりが泳いでおりました。

女房はスケッチを、俺はポタリングを・・・
Nec_0173.jpg   P1010347.jpg

ポタリングと言ったって、いつも走りなれてる多摩川。
別に目新しいものは無く・・・・
いたるところで若者がBBQをやってる。
Nec_0170.jpg

人も多いのでゆっくり走って川原で昼寝。 
天気のいい日に多摩川で昼寝だ。・・・幸せだ

スケッチも終わり、ユニクロに直行。 
最近、自転車のおかげでウェストが細くなり、
ズボンが合わなくなってきたので、
いろいろ物色してズボンやらシャツやら買う。
俺のものだけ買った買って貰った。 

女房はデパートでブランド物だが、
おれはユニクロかGAP・・・何?この差は。。。
まあ、買ってもらったから文句は言いませんが・・・

本日の晩御飯は、外食。
川崎・溝の口の韓国家庭料理店「姉妹・チャメ」
20070509205007.jpg   20070509205113.jpg

知ってる?

この店は以前に日曜劇場の
「輪舞曲・ロンド」(竹野内 豊)主演で
チェ・ジウとイ・ジョンヒョン扮するユナとユニ姉妹が
営んでいるという設定になってたお店。
20070509205406.jpg   chame.jpg



店内は狭くて、カウンターと座敷が二つ、
4人がけのテーブルが二つしかない。
混んでくると入れないので電話番号を教えて、
空いたら連絡してくれる。

お店のスタッフは女性4名でみんな若くて可愛い。

なんと!

チェ・ジウも手伝ってた・・・・







んなわけない!



料理を注文して食べる・・・
P1010355.jpg   20070509210248.jpg
                純豆腐(スンドゥブ)チゲ

美味しい~!!

撮影中にここに来れば、
チェ・ジウや竹野内 豊に会えたんだろうな。
竹野内豊より、チェ・ジウに会いたかった。
歩いてすぐのところにあったのに・・・残念

この店、5月13日で閉店になるんだって。 
ドラマのために作られた店だからかな?
恵比寿にも店舗があるらしく、そこは継続するとの事。

俺が座って食べてたテーブルと椅子は、
まさしく竹野内豊が座ってたところだ!
070509-2011.jpg
 
女房が座ってたところにチェ・ジウが座ってたんだ。

でも、女房の顔を見るとチェ・ジウには・・・・





















ほど遠い・・・・・(^^;












俺もな!・・・・



おしまい



ブログランキングに参加中!
チェ・ジウは三日で飽きるが、女房は飽きない顔です。
俺はとっくに飽きられてます。(TT)
にほんブログ村 自転車ブログへ banner2.gif
   ポチッ!       ポチッ!      ポチッ!   とお願いします。

荒川CRデビュー・・・屈辱受けて(涙)
5月4日快晴・・・気持ちいいです。
今日は、友人と荒川CRを走破する計画だ。
端から端まで走ると、自宅からおよそ200kmチョイの計算。

朝、6時に出発地点の葛西臨海公園で待ち合わせする。 
が、いきなり寝坊をかます。 
起きたらもう5時30分だよ(汗)
メールにて寝坊した事伝えて急いで向かう。 
自宅から約1時間30分で到着。 

「わるい、ごめん、寝坊した。」と平謝り。
相方はゆっくり寝れたから別にいいとのこと。

「さあ、行くか」と準備をすると、
1時間ほど寝てた相方が、寒くて腹を下した様子で、
いきなり「うんこtime」となった。
しょうがない、遅刻した俺のせいだもんね。
「いいよ、行って来いよ と待つ事30分。



「なげ~よ、大丈夫なのか?」


「大丈夫、あ~スッキリした!」
 
テキトーな奴二人で計画するもんだから、
予定通りに事が進んだことがない。

さあ、スッキリしたところで出発。
Nec_0152.jpg
(葛西臨海公園)

俺は荒川CRを走るのは初めて。
相方は4回くらい走ってて道順も知ってるので、
細かい事教えてもらって先に進む。
ここの道は上を通って、あそこは下に下って・・・・・ 
いろいろ教えてくれてありがたい。
「おお、わかった、わかった」と返事をしながら、
聞いたそばから忘れてて、いきなり違う道を走ったりする。 
なんちゅうテキトーな俺!
抜きつ、抜かれつしながら走る。 
初めて荒川CRを走ったが、道が綺麗で広い
ホームグラウンドの多摩川CRとは 
全然話にならないくらい綺麗。
NEC_0154.jpg

多摩川と比べると、荒川の方が自転車が少ない感じ。
多摩川の方が道が狭くて密度が高いからそう感じるだけか?

いいね~荒川CR、道が広くて綺麗で・・・最高っす
多摩川に慣れてるから余計そう思ってしまう。 

埼玉の方に来るとだんだん道も狭くなってくるが、
人が歩いていないので結構なスピード出しても平気。
多摩川じゃ、どこ走っても人がいるからね。
Nec_0156.jpg

こんな田園風景の中を走ったりして気持ちいい~ 
Nec_0162.jpg   Nec_0164.jpg

サイクリングロードの途中でモトクロス場があった。
チビッコもモトクロスに乗ってブイブイ走ってる。
なんか、ちっちゃくて可愛いが、しっかりジャンプなどして
大人顔負けの走りをしてるよ。
Nec_0158.jpg

公園の中を走ると桜の木が道の両側にあって
木陰で涼しくて気持ちいいです。
Nec_0167.jpg

桜が満開の時は綺麗なんだろうな~
でも、人が多くて走れないかもね。

気持ちよく走ってると、
サイクルコンピューターが不調なのに気付く。
かなり走っているのに35.8kmのまま止まってるじゃん。

「あれっ!おかしい」

高圧電線の下を通ると電波障害で途切れる事がよくあり、
すぐ復旧するんだけど今回は途切れたままだ。
アチコチボタンをいじってたら・・・・

「あっ!リセットなっちまったよ」

すべてゼロになってしまった。
どうせ止まってたんだから別にいいけど・・・

楽しく走って熊谷駅に着く。
どの位の距離を走ったか分からない。 
100kmは超えてると思うが・・・

駅のコンビニで弁当買ってベンチで食べる。
駅の前には何故か若い女の子がいっぱいいる。
何でこんなにいっぱいいるんだ熊谷駅。 
大勢のGALの中にレーパンモッコリの男が二人。

なんか視線を感じるんだけど・・・気のせい? 

なんか笑われている気がするんだけど・・・気のせい? 

すると、相方もそう思ったらしく、

「なんか、笑われてませんか、俺達?」と聞く。

「お前のレーパンがモッコリしすぎてるからだよ」
と教えてあげた。

ゆっくり休んで熊谷駅でGALに見られながら記念写真。
Nec_0169.jpg

ここから自宅までの距離を出せば×2で 
本日の走行距離がわかるな。
再度メーターをリセットして出発。

いつも思うんだけど、行きは楽しいが帰りはつらい。
来た道をそのまま逆走して帰るってのが一番ツマラン。
飽きるんだよね。
弧を描くようにルートを設定した方が楽しいと思うんだが、
計画性の無さ故に毎回こんな感じ。 

行きは楽勝だったが、帰りは向かい風だよ。。。。
自転車に乗ってて、向かい風ほど疲れるものは無い。
峠もつらくて疲れるけど、登った達成感があるからいい。
でも、向かい風はね~、かなり脚に来る。

しかし、人生と同じで向かい風もあるさ。
へこたれないで頑張ってクランクまわして、
スピードアップだ。
前を走るローディーを抜くぞ~!

よっしゃ~、追いついた、抜いた~! 
そんな事やってて頑張って漕いでたら、 
徐々にハンガーノック状態に・・・・ 
あぁ~、腹減った。
どこにコンビニあるかも知らないし・・・
このまま終点まで頑張ろうか。。。。
終点まであと30km位だし・・・・


・・・と思って30km位の巡航速度で走ってたら、 
後ろにピッタリと自転車が付いて走ってる。 
フロントフォークにミラー付けてるからすぐ分かる。
どこからともなく現れたローディーか。

向かい風だから風除けにしてんだな! 

別にいいよ、風除けにしても。 
しばらく、俺が引いてやるよ。
でも、5分位したら先頭交代してくれよ。
と心の中で思いながらペダルを回す。

ところがだ、10分経とうが、15分経とうが、
一向に先頭交代する気はない様子だ。 
こんなにピッタリ後ろに付いて来てんのにマナー違反だろ。
どんな奴がくっ付いてきてんだYO!

さっさと前に出て先頭交代しろよ!

再度ミラーを覗くと、その自転車には前篭が付いてる。



げげっ!ママチャリじゃんよ! 


20070507181139.jpg

まさしくこんな感じのママチャリ!
ママチャリじゃぁ、先頭交代するなんて考えはないだろう。

じゃあ何か?俺はママチャリに煽られてんのか?
ロードがママチャリ引いて走ってんのか?

ふざけやがってママチャリめ~

ロードの速さを

  思い知らせてやる!
このボケ! 
 
ママチャリと気付いた俺はケイデンスを、
70→80→90→100→110と上げた!!!
向かい風の中を40kmオーバーで走りぬけた。
ギャハハハ・・・ どうだ、ママチャリ君!

どんどん引き離す・・・もっともっと引き離す。 
ミラーから見えるママチャリはだんだん小さく、
豆粒位になって消えていった。

ざま~みろ!

ママチャリがロードの後ろで風除けしてんじゃね~よ。
ふふふふふ・・・・勝ち誇った顔になった。・・・ママチャリに・・・ 

しかしだ・・・・・
ママチャリ相手に頑張った俺はエネルギー切れ。
スパートする前からハンガーノック気味だったのに、
完全にハンガーノック、エネルギーゼロ状態。
もう力が出ません。 
脚に力が入らないし、気力もどこか遠いところへ・・・
もう、敵のママチャリもいないし、
何も頑張る必要ないし、ゆっくりと終点を目指そうと、
ノタノタ走ってると、後輪から異音がしてる。

「キコキコキコ・・・・」

あれ?なんだろう。

と思ったら・・・・異音は俺のトマジーニじゃない!



















いる!!













後ろにママチャリがいる!!!!
油切れのママチャリの音だ!
恐るべし油切れママチャリ!!

もう、ブッちぎる力が残ってません。
さっき使い果たしました。

もういいです。
もう、勘弁してください。
あなたには負けました。
どうぞお先に行って下さい。
ママチャリに負ける へたれライダーで結構です。
完全に白旗揚げてしまった。

俺を抜き去るママチャリ・・・・
どんな凄い奴が乗っているんだと横目でチラッと見ると、











おっちゃんじゃね~かよ!
こんなおっちゃんに負けたのか!?
20070507183710.jpg
おっちゃんの風貌はこの人に似てた。
荒川の山下達郎だった。

あぁ~、おっちゃんのママチャリに抜かれるなんて・・・
いくらハンガーノックとはいえ、
こんなおっちゃんに・・・
俺のトマジーニでそのママチャリが
30台は買えるっちゅうのに・・・
レーパンにジャージにヘルメットにサングラスのローディーが
上下作業服のおっちゃんに負けるなんて・・・


ママチャリよりもおっせ~ロードバイク。。。

ロード乗りの最大の屈辱だ。。。。 


恐るべし荒川の山下さん! 






鍛えて出直してきます・・・




おしまい


走行ルート
20070507190912.jpg

走行距離(片道) 110.32km
時間(片道)   5時間4分
Max        46.6km
Ave       エラーだって!?



ブログランキングに参加中!
今回はハンガーノックだったから譲ってやっただけさ。←負け犬の遠吠え!

にほんブログ村 自転車ブログへ banner2.gif
   ポチッ!       ポチッ!      ポチッ!   とお願いします。

久しぶりに峠でも・・・
4月の連休に富士山一周をして、
大変気分が良くて川崎に帰ってきても、
綺麗な空気のところを走りたいと思って、 
東京で唯一の村、桧原村へ走り出した。

ロードバイクを手に入れて初めての峠が、
桧原村の鋸山であるが、実は一度も頂上まで
行ったことがない。   

峠を走るときに、疲れて我慢できなくて  
脚を着いたら引き返す
ということにしているので、
「後ちょっと」というところであっても、
脚着いたらUターンして帰るのだ。
自転車を押してまで頂上を目指さないのだ。 

友人と走ってるときは楽しく走れば良いと思うが、
自分ひとりで走ってるときには、
自転車を押して頂上目指すことが、許せないのだ。
「登れない坂はない」と思っているので、
自転車を押すのが悔しいんだね。

坂は自分との戦いだと思っているので、
脚着いたら負け・・・と勝手に決めてそうしてるだけだが。

3回挑戦していずれも達成できずに終わってる。
自転車に乗り慣れてて、体力あれば登れると思うが、
今までの俺には体力が無くて、無理だったが・・・
あちこち走って、少しは体力も付いたかなと思い、
挑戦しに出かけたのだ。

今日こそは制覇してやるぜ!!

と意気込んで出発した。

自宅から2時間くらいで到着。
鋸山の峠が目的のためここまで体力を使わないよう、
ゆっくりと走ってきた。
さあ、ここから鋸山林道の始まりだ。
20070513123809.jpg
 

神戸岩(かのといわ)は100メートル位ある大きな岩のこと。
東京都の天然記念物らしい。
それを抜けると本格的な激坂となるのだ。

が・・・・・

祭りをやってる・・・・・
小さな神社の前まで来ると、
みこしを担いだ若い人たちや、笛、太鼓を鳴らす
お囃子の人たちが今、出発したところだった。
Nec_0138.jpg 20070513125844.jpg
Nec_0141.jpg

道が車一台分しかないので、走れないではないか! 
警察の人もいて、「ちょっと待っててください」とのこと。

まあ、祭りだからしょうがないか・・・・
祭りでも見て、和んでから激坂へ行けばいいか。

ということで、しばらく見ていると、
お囃子の横笛を吹いている女性が
これまたかなりの美人だった。

横笛吹いてると唇が乾燥するのか、
時折、赤い舌を出して唇を舐めてる顔が、
とても艶かしい・・・・
笛を持つ細い指が繊細で優しく、
まるで何かを愛撫するがごとく動いている。

こんな美人に、

あんなことされたら・・・

こんなことされたら・・・

あぁ~、もうだめ・・・・・


ダメ、
ダメ、
これ以上書くと、エロブログになるので止めとく。
後は、勝手に想像してちょんまげ。
祭りを見てもそんなところしか見ていない自分が、
情けない ・・素晴らしい!?

しかし、いつまで見てても、歩くのが遅くて、
なかなか走り出せないじゃんよ!
まさか、この行列は神戸岩まで行くんじゃ・・・・
もしそうなら結構時間かかるなぁ~。

あ~、もうだめだ。

笛吹くおねーさんに「もうダメ」ってことじゃなく、
走り出せないことにしびれ切らして「もうダメ」ってことだぞ。

今日はもう、しょうがない。
鋸山制覇は、次の機会にしよう。
ってことで、ルートを変えて、
甲武トンネルを抜けて相模湖へ行く事にした。

ここも、何度か走っているが、鋸山よりはまだ楽。
峠道だからしんどいけど、せっかくここまで来たんだから、
と思って相模湖まで行ってきました。
山間を走ると気持ち良いものの、この間走った富士山と
比べるとイマイチ・・・それはしょうがないか。
Nec_0148.jpg

しばらく走ると、目の前にローディーが一人で走ってた。
Nec_0142.jpg


同じルートのようで甲武トンネル方面に向かってる。 
平地では追いついたが、峠に入ると徐々に引き離される
見るからに若いローディーだからしょうがないねと  
自分を納得させて、ヒ~ヒ~言いながら登る。
でも、以前よりはあっという間に着いた感じがした。
少しは俺も体力が付いてきたとうれしかった。
トンネルが二つ並んでるが後の甲武トンネルが頂上。
Nec_0144.jpg   20070513124427.jpg

トンネル抜けると山梨県。 
Nec_0147.jpg

お~、また山梨か。。。 
後は下り坂を勢いよくスピード出して下る。
途中オーバーランしてびびったりしながら・・・ 

無事、相模湖に到着。
20070513124618.jpg
 

後は413号走って再び多摩川CRにでて帰還。

今日は峠を結構、速く走って脚が少々張ってる。
まあ痛いほどじゃないし、心地よい筋肉痛って感じか。


あっ!やばい!

明日、友人と荒川行く予定だった。
地図見ると200km超のロングランする予定だった。

まぁ、いいかっ!

荒川なら峠は無いし、何とかなるべ。
とお気楽に考えていた。

ロードバイクに乗って最大の屈辱を
受けることになるとも知らずに・・・・



おしまい

本日の走行ルート
20070506132135.jpg

距離 153.3km
時間 6時間29分
Max  63.9km
Ave  23.6km


ブログランキングに参加中!
最近、まともに走っています。GW中快晴で結構日焼けしました。
にほんブログ村 自転車ブログへ banner2.gif
   ポチッ!       ポチッ!      ポチッ!   とお願いします
富士山一周・・・後編
つづき 



「おっ!すっげ~、

      かっこいい~、頑張れ~」


声援を受けた俺は、男の子にニコっと笑顔を返した。  





・・・・・・つもりだったが・・・・・・・・



ゼ~ハ~ゼ~ハ~言って苦しい俺の顔は、

恐ろしい形相になってたようだ。
 
「ニコッ」としたつもりが、 
 
「ブハッ」とした顔になってたようで、

男の子がドン引きしたのがわかった。

隣に居たお姉ちゃんらしき女の子が、

「ばっかじゃないの~」・・・・だと!

親が居なければ、パンツ脱がして、
お尻ペンペンしてやるところだ!!

やはり、男の子と女の子の違いか?
ゼーハーゼーハー言いながら必死で峠を登る
ヒルクライマーを見てカッコいいと思う男の子。 
ブハ顔してヨロヨロ登るオッサンを見て
バカかこいつはと思う女の子。

男同士で通ずるものがあるのだな。
苦しくても歯を食いしばって頑張るのが男さ。
必死で頑張る姿こそ美しいのだと言う事を
俺のヒルクライム姿で教えてやったのさ。
ドン引きさせて悪かったな・・坊主。

な~んて考える余裕はナカッタ。

渋滞してる峠はつらすぎ・・・


富士サファリパークを過ぎると、
車がほとんどいなくなった。
快適に走れて気持ちいい~ぞ!

峠が終わり、車がいなっくなったところで、
またパチリ。
P1010236.jpg

坂を登ってきたところで、ハートレートモニターは、 
90%を示している。
さっきは確か99%までいってた。
もう少しで心臓が口から出そうだった。

車の来ない綺麗な道で富士山に見られながら走る。
なんて、爽快で気持ちいいんだろう!
P1010244.jpg

今まで走ったどこの道よりも気持ちイイ。 
富士山があると全然ちがうね~
やっぱ日本人はフジヤマだよ~!
富士山をバックにトマジーニの記念撮影。
P1010237.jpg   P1010253.jpg
 
後は、白糸の滝に向けて快適にペダルを回す。
P1010249.jpg

白糸の滝についてちょっと休憩して、
アンパンとジャムパンを食べる。
せっかく白糸の滝まで来たのだから、
ソフトクリーム食べながら見物でもと思ったが、
ふと、レーパン姿にビンディングシューズを見やって、
断念する。・・・・・・一人じゃぁちょっと恥ずかしいぞ。

休憩した後、138号をひたすら走る。
本栖湖の近くまで走ってくると、
マラソン大会が催されているようで、
ランナー達が、必死になって走ってる。
老若男女がんばっている中で、
一人のランナーに目がいった。
若い女性だ。
サングラスかけてたが、たぶん若い女性ランナーだ。
なかなかスタイルがイイじゃん。
なんたって巨乳だ!
走る度にボイ~ン・ボイ~ンって波打ってるじゃん。 
これに目が行かない男は、男じゃな~い!!! 
見るにはいいが、走るには邪魔だろうな~
出来れば、下から支えてあげたいと思う優しい俺。
水着で走ったら間違いなくこぼれる。
ああ~イイネッ!優勝は君に決定だ!!
来年からはマラソンは水着でお願いします。

と、またもおバカなことを考えながら138号をひたすら走る。
本栖湖、西湖、精進湖、河口湖、を回っても良かったが、
GWでどうせ車で混んでるだろうと思って、
湖を回らずそのまま山中湖の宿へと向かう。
やはり、湖の近くは車で混んでた。

宿へ到着。

ただいま~、

    無事帰ってきたよ~ 
   

ってことで写真をパチリ
P1010232.jpg

ちょっと疲れ気味で腕が伸びきってる。

いや~楽しかった、気持ちよかった。
富士山一周してて、すれ違ったローディーは数名。
それほど多くは走ってなかった感じ。
道も綺麗でポピュラーなサイクルロードだと思うが、
GWという事もあり、わざわざ混んでるところへ
行く人も少なかったのかな?

まだ、行った事の無い人は是非とも富士山一周してみて。
これからの季節とても気持ちいいと思います。
泊まった宿の人たちも大変優しくて良かったし、
また是非とも同じ宿に泊まって、
一周でも二周でもしたいと思いましたね。

やりたかった富士山一周を終えて、
手打ちそば屋によって満腹にして・・・・
P1010293.jpg

混まないうちに帰ろうかということで、


俺「さあ、俺の

   フェラーリに乗ってGO!


20070503224902.jpg
 

女房「またかい!」

フェラーリ買えるほど稼いで来いと言われましたとさ。




おしまい




走行距離 121.03km
走行時間 5時間18分
Max    67.1km
Ave    22.6km


ブログランキングに参加中!
ぜひとも、富士山一周のサイクリングをしてみてください。
日本一の山、富士山に見守られてるととても雄大で気持ちいいですよ。
にほんブログ村 自転車ブログへ banner2.gif
   ポチッ!       ポチッ!      ポチッ!   とお願いします。
富士山一周・・・前編
28~30日の休みに山中湖へ行ってきました。

目的は女房がスケッチ、俺が富士山一周。 
この本で紹介されてるのを見てから、
いつか走ってみたいとず~っと思ってた。  

20070502211237.jpg

この本によると一周約103kmであるが、
せっかく一周するのだからと少々回り道で走ることにした。 
それがこのルート、約120kmの距離になる。
20070502224019.jpg

 この本によると御殿場から行くと籠坂峠が一番の難関で、 
体力の有るうちに難関を突破するのが良く 
反時計回りで行くほうが楽であるとのことだが、
山中湖から行く場合、反時計回りだと最後に籠坂峠になるため、
時計回りで行く事にした。

行く前にいろいろ地図とか見て計画するのもまた楽しいもの。

それじゃぁ、山中湖へ向けて出発!

俺 「さぁ、俺のポルシェに乗ってGO!

P1010202.jpg
 
女房 「何ほざいてんの?うちの車は後ろのローレルじゃん」 
 
俺 「あっ!間違えました。」 

女房 「しらじらし~、ブログネタにする気だな~!」  

さすが女房だ、俺の行動がミエミエじゃん。 

改めて、ローレルでしゅっぱ~つ! 

ところで、運転するのはいいのだが・・・・・・・
最近、仕事で帰りが遅くて、疲れてて、眠い、眠い。。。。

俺 「眠いから、何か歌ってくれよ。
        目が覚めるような歌でもさ~」
 

女房 「・・・・・・・・・」

俺 「ガンガンに大声で歌っていいよ、俺しか居ないし」  

女房 「・・・・・・・・・」  





俺 「おっ、おい! 
 
      寝てんじゃねーよ!
 」
 


車に乗って5分で寝てしまったお気楽女房だった。

道中、ガードレールにぶつかりそうになること3回
前の車にオカマ掘りそうになること2回
「山中湖」に着く前に「あの世」に着いちまうよ。

 大丈夫か!?俺達・・・・・  

途中、休憩を入れてコーヒー飲んで目的地を目指す。 

どうにかこうにか、山中湖が見える所まで来たが、
天気が徐々に悪くなりポツポツ雨が降り出す。
天気予報知ってるから想定内だ。
天気の悪い山中湖をパチリ・・・うぅ~さぶっ!
P1010184.jpg

宿に着くと結構な雨になるも、時間も16時だし、 
この時間からは自転車乗る気もないし、
爆睡することにした。

寝た、寝た、・・・・もう死んだように寝た!

爆睡中、雷鳴轟きかなりの土砂降りだったらしいが、
俺が起きた時にはもう晴れてたYO。
俺って晴れ男?

飯食って、風呂入って、布団に潜ったらもう翌朝。



いや~、すっげ~いい天気だ!

昨日の雨が嘘のように晴々として気持ちよか~!
こんな綺麗な富士山、初めて見たよ。
見てるだけで、都会で病んだ心が洗われるようだよ。
P1010275.jpg


さあ、朝食済ませて出発だ。

宿の前で、「頑張ってくれよ」とトマジーニにお祈り。 

P1010228.jpg

「頑張んのはお前の方だ、ボケ!」

と言い返されたような気が・・・。
まあ、確かにエンジンは俺の貧脚だもんね。

富士山をバックに写真をパチリ
P1010229.jpg


いってきま~す。 
P1010230.jpg



138号線を南下し、籠坂峠へ。 
P1010234.jpg 20070503004509.jpg
  

峠はどこもしんどいが、も~ダメって言うほどじゃない。 
まだ体力あるし、走り始めたばかりだし・・・ 
138号から469号へ向かう途中、道に迷う。 

これだっ!これが心配だったのだ!

なんせ、方向音痴なもんで地図をしっかり見ていても、
迷ってしまうんだよね。
やっぱり、やらかしてしまったか!

しかし、すぐに469号へ合流出来て、 
後はしばらく一本道。

難関の籠坂峠を突破したから後は楽だろうと思ったら、
469号の一部分が車で渋滞しているではないか!
しかも、そこはまたもや峠になってて、上り坂が続く所だ。 
469号の途中に富士サファリパークがあるから、
考えてみりゃ当たり前だ。
GWだし、絶好の行楽日和だし、
家族連れのマイカーでギッシリ道が埋まってる。

普通、自転車は車の左側を走るんだけど、
道が狭く、路肩がほとんど無い状態。
これでは、左側を走れないではないか!
走っても、峠の上り坂でヨロヨロしてたら、
車にぶつかって傷つけてしまうし・・・・

ここはしょうがない、車の右側を走るしかない
そうしないと一向に前に進まないのだ。 
ってことで、片側一車線の右側、
つまり道路の真ん中を走ることにした
下ってくる車がいれば止まって避けて、 
車が来なければ、道の真ん中を走る。
危ないと分かっててもそうするしかない。

渋滞している車を尻目に、
ゼ~ゼ~ハ~ハ~言いながら走ってると、
車に乗った男の子から声援が飛んだ!

「おっ!すっげ~、

      かっこいい~、頑張れ~」


お~、うれしいね~!

声援を受けた俺は、男の子にニコッと笑顔を返した。
 




・・・・・・つもりだったが・・・・・・・・




つづく 



ブログランキングに参加中!
すいません、長いので後編は明日upします。よろしく~
にほんブログ村 自転車ブログへ banner2.gif
   ポチッ!       ポチッ!      ポチッ!   とお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。